2017年04月05日

ストックホーム小田部1 金物検査を行いました

こんにちは
山根木材福岡支店のリノベーション住宅

先日、ストックホーム小田部1の
金物検査を行いました!

金物検査日_170403_0009.jpg
木造の補強や基礎の骨組みに使われる
金物は、工事が進むと断熱材や
コンクリートに覆われて
目視するのが非常に難しくなります

金物検査日_170403_0008.jpg
手抜きが許されない工程なので
見れなくなる前に検査するのです。
あえて外部の一級建築士にお願いしています。

金物検査日_170403_0013.jpg
古い建物は金物をちゃんと施工しないと

金物検査日_170403_0012.jpg
耐震性能や耐久力にダイレクトに
響きますからね。
筋交いの補強は特に大事です。


収納と壁が増設される足元に

金物検査日_170403_0005.jpg
基礎を増設します

金物検査日_170403_0003.jpg
ちゃんと鉄筋が入ってます

金物検査日_170403_0006.jpg
浴室を増床する部分の基礎造り

金物検査日_170403_0017.jpg
マルタの梁を見せるか隠すか。どっちでしょう?
断熱材の位置を見れば一目瞭然??


20170401_170402_0004.jpg
屋根の防水処理も進行中です

20170401_170402_0003.jpg
雨漏りしたら大問題ですからね

モラサン(アスファルトルーフィング)HPより抜粋
縁の下の力持ちという言葉があります。ルーフィング(屋根下葺材)をたとえて言うなら、瓦の下の力持ちでしょうか。施工後はお目にかかることはありませんが、雨水から常に家を守っています。


20170403_170403_0006.jpg
ふさぐべき所は

20170403_170403_0002.jpg
ふさぎながら、防水処理を進めます

金物検査日_170403_0025.jpg
壁に高気密住宅用透湿防水シートを貼って
います。風、水を通さず壁体内に侵入した
湿気のみを通すシートです。

GORE-TEXR_Logo.jpg
おウチ用ゴアテックスですね。


金物検査日_170403_0024.jpg
不要な穴もふさぎます
(ビフォーの雨戸の設置穴、シャッター雨戸に変わりますから)


見えない所こそしっかり施工!
のレポートでした


ストックホーム・フクオカ
福岡市南区大池1丁目26番7号
お問合せ・見学予約は0120-561-728
または携帯080-1940-1207(松元)まで
保存
保存
保存
保存
保存
posted by ストックホーム・フクオカ at 22:53| 早良区小田部1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする